遅延型フードアレルギー検査をやってみた(結果待ち中)

遅延型食物アレルギー検査をやってみた

20170204_01.jpg


遅延型フードアレルギー検査(IgG検査)をやってみました。


食品のアレルギーには二種類あって、ひとつは「即時型食物アレルギー」もうひとつは「遅延型食物アレルギー」です。

即時型は、たとえば蕎麦とか魚介類などを食べると即、重篤な症状が出るタイプのアレルギー。

遅延型は、対象となる食物を食べてから数時間〜数日後に、何となくだるい…などの症状が出るものです。タイムラグがある&比較的深刻な症状ではないことが多い分、アレルギーであることに気づかなかったり、どの食品が原因なのかが判りづらかったりします。


この遅延型の食物アレルギーを、100種類近くの品目において自分で検査できるキットが市販されているのを知り、数年前から気になっていました。




これ。とうとう注文してみました。
病院でも検査できますが、キットを購入して自分でやると多分ちょっと安くなります。といってもキット自体の価格は3万円弱。以前にやってみた遺伝子検査同様、少々お高いですけどね…


で、早速届きました。


20170204_02.jpg

中身はこんな感じ。説明書、採血用ランセット、消毒用コットン、バンドエイド、返信用封筒、検査サンプル作成用ストリップ(このキットでは4本採取して提出)などが入っています。



自己採血1回目(失敗)そして貧血

ランセットの針を指(小指以外のどれか)に刺して、血を出します。そして、ストリップの採血用の部分に血を浸して、検査用のサンプルを作成します。サンプルを乾かし、専用の袋に入れて提出します。


説明書には中指か薬指がオススメと書いてあったので、中指でやってみることに。「ランセットのキャップを取り、指に当てて「カチッ」と音がするまで押し込んで下さい」と説明書にはあります。


こ、怖いよーー!(カチッ)


血、出ました!!
中指の第一関節あたりを押さえて血を絞り出そうとしますが…


ここで、頭から血の気が引く音が……



そう、私は、健康診断とかで採血をすると必ず貧血のような症状を起こす体質(迷走神経反射というそうです)なのですが、ここでこれが起こってしまいました。

参考
http://www.fuanclinic.com/blog/?p=628

私の場合はしばらく寝てれば治るんだけど、血はストリップ1本分+0.5本分(途中までしか採れなかったので失敗)しか採れず。



予備の器具を送ってもらう

残り分のサンプルを採らなきゃいけないけど、こりゃランセットやストリップが足りない、ということで、このキットの代理店をしているアンブロシアさんに電話してみました。


…こういう理由で、サンプルの残り分を再度作る必要があるので、ランセットなどの予備を送ってくれますか?と聞く。すると、サンプルは再度4本分を1日で採る必要があるので、予備のランセットと、ストリップをお送りしますから、最初から採り直して下さいとのこと。


(え、またサンプル4本一気に採らなきゃいけないの…?)
いや実は迷走神経反射が起こってしまうので、何回かに分けないと採れないかもしれないです…と話をすると、それでしたら分けて採って頂いて、4本分採れたら、いちばん古い日付を書いて送って下さい、ランセット等は多めに送っておきますねとのこと。


翌日にはランセット約5本と消毒用コットン3枚、バンドエイドが届きました。
素晴らしいですわ。神対応ですわ…



いざ自己採血2回目

というわけで、迷走神経反射に備えてすぐ横になれる体勢になり、再チャレンジ。今度は親指で挑戦。送ってもらったランセットには新たな説明書もついていて、それによると、指の際の部分ではなく、指の腹に近いフカフカした部分の方が血が出やすい、とあった。親指の真ん中らへんをプスッと刺す!!


よし!!出た!!!ストリップ3本分まで採取完了。でも4本目までは行けず。


以前に1回やって慣れたからか、迷走神経反射は出なかったので、少し休んでから、親指のさっき採血した場所から数ミリずれた場所をまたプスッとやってみた!!!


ひ〜〜〜!!血まみれです(笑)
でも、無事1日でストリップ4本分撮れました。いやぁ、大変でした。自分で採血するのが大変な人は、高く付くけど病院でやってもらった方がいいかもしれません(笑)。



サンプルを返送

サンプルと、使用済ランセットは、返信用封筒に入れて送ります。そして、アメリカ(シアトル)の検査会社に送られて検査してもらえます。現在、結果待ちです。結果が出たらまた記事を書きたいと思います。



なお、遅延型フードアレルギー検査(IgG検査)は、いくつかの学会では「推奨しない」とされていたりもするので、この検査の結果が絶対とするのではなく、参考にする程度に捉えるのが良いのかなと思います。

参考
血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起(日本小児アレルギー学会)

血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起(日本アレルギー学会)


スポンサーサイト

シュ様新作待受☆2017酉年Ver.配信!

2017年、明けましておめでとうございます!
旧年中は多くのご支援をいただき、ありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします!
2017年が皆様にとって良き一年となりますように。
願いを込めて、恒例のお正月待受を配信いたします。

今年の干支は……酉!

2017rooster_image



トリです! トリ年です!
鳥類の、鳥類による、鳥類のための一年がやってきましたよ!!
現世でもっともシュッとした鳥類ことシュ様、これは新年から張り切らずにはいられません!
あらゆるシュッとした鳥類を引き連れて、トリ年の到来を華やかにお祝いいたします。

待受画像は下からどうぞ!
iPhone5/5s/SE用、iPhone6/6s/7用、iPhone6 plus/6s plus/7 plus用の三種類をご用意しました。

※各サイズの画像は、クリックすると大きく表示されます。
※iOSでは「視差効果を減らす」設定をONにしていただくと、最適な表示となります。(設定→一般→アクセシビリティ→「視差効果を減らす」をオン)


★iPhone5/5s/SEサイズ

2017rooster_iPhone5-SE.png


★iPhone6/6s/7サイズ

2017rooster_iPhone6-7.png


★iPhone6 plus/6s plus/7 plusサイズ

2017rooster_iPhone6-7plus.png

映画「オアシス:スーパーソニック」イラスト感想

20161231_oasis.jpg


映画「oasis:supersonic」(オアシス:スーパーソニック)を観ました。

oasis結成(1991)〜レーベル契約(1993)〜ロンドン郊外のネブワースで25万人を動員したライブ(1996)までを描くドキュメンタリー。ノエル&リアム・ギャラガー兄弟が製作総指揮、「AMY」(エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー)のスタッフが集まって製作された作品。

oasis初期の軌跡が、兄弟のインタビュー(兄弟のインタビューは別々に行われたそうです)や関係者の証言を交えて描かれます。実は映像が残ってた「タンバリン投げ事件」の様子、デビュー前のリハーサル風景など、よくこんな記録あったなと思うような映像が大量に見られます。



マンチェスターの公営住宅に住んでいたギャラガー兄弟。91年、弟リアムがoasisを結成、その後兄ノエルが加入。93年、グラスゴーへ押しかけて無理矢理出演したライブ。クリエイション・レコーズのトップ、アラン・マッギーがライブを見に来ていて、oasisを見た彼はその場で契約を持ちかける。


94年、初の海外でのライブをするためアムステルダムへ向かうフェリー上で飲んで乱闘騒ぎ、ノエル以外全員強制送還、ライブではノエルが1人で弾き語りをする羽目に。初TV出演、1stアルバムリリース、ツアー、来日。(兄弟は日本好きみたいですね。「クレイジー」とのこと)


ドラッグを決めながら回ったアメリカツアー、ライブは散々なものとなって喧嘩。リアムがタンバリンをノエルに投げつけ、ノエルブチ切れて失踪、一時脱退状態に。

など。


ほんと メチャクチャですな(笑)



レーベル契約をした93年から、ネブワースの96年。インターネットが普及する少し前。実話だけど、夢のような映画。「俺が書いた意味不明な歌詞を客が歌ってるんだぜ」とノエルは言うけど、曲を聴くと何か感動するよね。Don’t Look Back In Angerなんて流れると、どうしてもグッときちゃうよね。








oasisをリアルタイムで聴いていない人も、相当楽しめると思います。私もあんまり知らないんですが、過去映像のボリューム満点で楽しめました。ファンの人はもちろん必見だと思います。


12/24より劇場公開中です。
http://oasis-supersonic.jp/


ギャラガー兄弟は、なんか描き甲斐があるので、絵に描きました。眉毛が良いですね!


Chemical Brothers 来日公演に行ってきた話

20161015_02.jpg

ケミカル・ブラザーズが来日、しかも大阪にも来るというので、見てきました。


割とよく来日してるんだけど、フジロックとかサマソニでの出演が多くて、ロックフェスにほぼ行かない自分は見る機会がなかった。今回は2人揃っての来日で、ここ最近世界でやっているライブをフルセットで行う(そして単独公演)ということで、こりゃ行っといた方がいいなと思い、公演の数日前にチケット買って行きました。


いろんなアーティストが出るフェス形式でやる予定だったのが単独公演に変更、開演時間変更(21時開演!)とかで、ネット上では不満が噴出してたようですが(爆)あたし的にはケミカルが見られれば良いやって感じでした。ただチケットが大人価格でしたね!(前売り10790円、当日13000円)


客層も大人でした!!



20161015_04.jpg

かなりギリギリにチケットを買ったので、整理番号3600番台!開場が始まっても、しばらくは入れない。会場のATCホールの前にはコンビニが!座る所もあるよ!てことで、みんなお酒買って飲みながら待ってました(笑)
何気にこういうのって日本だからできることだよね〜日本で良かった(笑)


20161015_01.jpg

さてライブですが、実質1時間半くらいだったかな。
Hey Boy Hey Girlから始まる鳥肌モノのステージでした。「やばい!」「やばい!」と声が上がってた。

SwoonからのTemptation(New Order)からのStar Guitarとかも最高でした。他、ここ20年以上の各時代の名曲をやってくれました。最後でBlock Rockin' Beatsなんて流れると上がらざるを得ないですね。ありがとう、ありがとう。



撮影しても大丈夫だったので、いくつか動画を撮りました!以下、雰囲気をお楽しみ下さい。














ULTRA JAPAN 2016 レポ+旅行記(3) Day3〜帰阪

ULTRA3日目。完全に雨!

Ultra2016_day3_02.jpg



ULTRA JAPAN3年目にして初の雨です。

この日、疲労がたまって早い時間には起きられず。
卓球氏とかThomas Jackとか見たかったんだけど行けなかった。



Ultra2016_day3_01.jpg

パーティーピーポーっぽく(notパリピ)シャイニータトゥーを使ってみました。上から雨合羽を着たので、露出している機会がありませんでしたが(笑)


今日はJAUZからのMarshmelloが見たかったので、そこには間に合うように始動。14:30頃メインステージ到着。











JAUZはBass/Trap系の音を矢継ぎ早にかけていくDJでした。あんまり知らなかったんですが良かったです。なんか気づけば動画をたくさん撮ってたので、自分的に良かったんだと思います。(笑)



Ultra2016_day3_03.jpg

JAUZとマネージャーが同じMarshmelloは、とりあえず本人の様子を見たい(笑)ので、見やすそうな位置に行きました。この頃にはけっこう雨が降ってた。以前Creamfieldsで使う用に買った(けどその時は晴れたので使わなかった)アウトドア仕様の雨合羽を使う時が来た。







Marshmelloは想像以上にちゃんとDJしてた。w マシュマロヘッドの下からマイクをさし入れてMCしてました。w





Aloneかけるよね?と思ってたら最後にかかった。



しかし、今回VJのクオリティが全体的に上がってるなぁ〜 ちゃんとULTRAの丸いモニター用に最適化して映像が作ってあったり、精度が上がってました。JAUZとMarshmelloのVJは良かった。クオリティ高くアホっぽいことをしてる映像が多くて好み。(笑) 特にMarshmelloのはなんとなくハッピーハードコア感があって好き。w



Ultra2016_day3_04.jpg

Marshmelloが時間を巻いて終わり、ステージが待機状態になったので、ちょっと休憩。してからのNERO(Live)。









Me & Youとかライブで聴けたのは良かった。ここULTRAだっけ?と思ってしまうロックなステージでした。

だんだん人が増える中、なかなか奇跡的な感じでDay3のみ参加のお友達に会えた!そしてそのまま次はMartin Garrix。





Martinは後半ちょっとハウシー?な良い感じだった。このとき雨ががっつり降ってたんだけど、その中で流れたダフトパンクのone more timeがなんか良かったです。ただパリピ客のマナーの悪さが目立った。ゴミ投げるな!柵に上がるな!

もう人いっぱいでその場から出るに出られなくなってて、そのままいて体力も削られてたけど、ラストに出る神Tiëstoの姿だけでも拝んでご利益を得ようということで満場一致。



Ultra2016_day3_05.jpg

Tiësto!!!
闇に浮かび上がるTiëstoのマーク





Martin Garrixが終わってから、Tiestoを聴かずに帰る人がけっこういて、なかなかショッキングでした。世代の差?Over30にとっては神なんだけど、若い世代からしたら、誰?って感じなのかな…







神の存在を確認した後、RESISTANCEステージへ移動。久しぶりに水分を補給しつつ、こちらのラストはDUBFIRE、間違いない感じでカッコよかったです。ラストの花火の音が聴こえてたけどガン無視で踊ってた。結局ここで締めくくりました。



Ultra2016_day3_07.jpg

翌日の飛行機で帰還。台風が迫ってて鹿児島や高知行きの便が欠航する中、大阪行きは遅延はしたものの出てくれました。



Ultra2016_day3_06.jpg

手荷物預かりの窓口に長い列ができていたので、ANAの自動預かり機を利用。これ便利。



Ultra2016_day3_08.jpg

Ultra2016_day3_09.jpg

雨風で飛行機が結構揺れたため、ドリンクの機内サービスが中止になり、代わりに飴をいただきました。



何やかんやで2016年も楽しみました!
来年も、開催あれば&ラインアップ次第で行くスタンスで、予定だけ開けておきます!

プロフィール

asato

  • Author:asato


  • 創作ユニット「bonustraxx」として活動中の
    イラストレーター&デザイナーです。

    クラブ系の音楽(House、Trance中心)
    旅行
    スペイン・イビサ島
    全力でネタをかますこと
    を愛しています。

    キャラクター
    「シュ様」(メンフクロウ) について
    シュ様です。

    twitter
    asato_btxx

    tumblr支店もあるよ
    shu's DINER★tumblr
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク