石垣島旅行記(3):シュノーケル〜川平湾〜帰還

石垣島3日目。
本日はダイビングショップ主催のシュノーケルツアーに参加します。マンタが見られるポイントまで行く1日コース。


Ishigaki_2015_03_01.jpg

ホテルでピックアップしてもらい、船に乗って沖へ。ツアー参加者は10名くらい。いくつかポイントを回って、シュノーケリングをします。

かなり揺れる…「酔った人は海に吐いちゃって下さい、お魚さんのエサになります」とのこと(笑)
ボートラは2人とも乗り物酔いしやすいタイプなので懸念していたのだけど、やはり前半で完全にグロッキーになりツアー完遂できず、午前中でリタイア。船長によるとこの日は特に波があったらしい。


Ishigaki_2015_03_02.jpg

シュノーケリングは1回だけやった!これはゲ◯吐きながら防水カメラで撮った写真です!!(笑) 酔ったら吐いちゃってネ!と明るく言われたり、周りの人も盛大に吐いてたりしたのはなかなかの衝撃でした。(笑)


Ishigaki_2015_03_03.jpg

ただ、船を降りれば全然元気。午後の時間が空いたので、プランBとして考えていた川平湾(かびらわん)へ行くことに。離島ターミナルのそばにあるバスターミナルから「川平リゾート線」のバスに乗る。川平まで往復するなら、1日乗車券を買った方がお得らしい。乗車45分くらい?で川平に到着。


Ishigaki_2015_03_04.jpg

Ishigaki_2015_03_05.jpg

川平湾 超綺麗!


Ishigaki_2015_03_06.jpg

猫がたくさんいた。のんびりしてる。


Ishigaki_2015_03_07.jpg

Ishigaki_2015_03_08.jpg

売店兼食堂でブルーシールアイス。(後ろにうっすらハトマスク)


Ishigaki_2015_03_09.jpg

Ishigaki_2015_03_10.jpg

お店の佇まいなど、鎌倉とか湘南の感じに似てる気がする…と思ったら、売店のラジカセから流れる「チャコの海岸物語」。ますます錯覚が…(笑)


Ishigaki_2015_03_11.jpg

最終のバスに乗り(時間はかなり早いです)、ホテルへ帰還。このホテル、宿泊客は2時間までなら無料でレンタサイクルを利用できる。最高すぎる。


Ishigaki_2015_03_12.jpg

Ishigaki_2015_03_14.jpg

Ishigaki_2015_03_13.jpg

自転車を借り、ホテルからいちばん近い大型スーパーへ。石垣島にはマックスバリュが多い。(実はファミマと同系列)
国内外問わず旅行時は地元のスーパーへ行くのが楽しみです。沖縄&石垣のお菓子やさんぴん茶など購入。


Ishigaki_2015_03_16.jpg

沖縄地域名物のサンダル、通称「ギョサン」スーパーの衣料品売り場で購入。690円くらい。安くて丈夫。


Ishigaki_2015_03_15.jpg

ホテルへ戻り自転車を返却。ベタな沖縄料理を食べたいということで、居酒屋「海八」さんへ。BEGINとかTHE BOOMが流れる、思い通りにベタな空間でオリオンビールを堪能。BEGINってまさに石垣島出身なのね。


あくまで数日滞在しただけの感想ではあるけれど、
沖縄本島の場合は基地があるため、どこかでいつも軍とかアメリカとかと隣合わせな、ある種の緊張感があるのに対し、石垣島&離島は素朴にのんびりいられるなーという印象がありました。


Ishigaki_2015_03_17.jpg

Ishigaki_2015_03_18.jpg

Ishigaki_2015_03_19.jpg

翌日のピーチ便で関西へ帰る。この日だけ雨。
結局、台風と入れ替わりに石垣へ行ってうまい具合に避ける形になり、かなり持ってる感じの旅になりました。ボートラが石垣に滞在していた期間は関西に台風が上陸し、ホテルのテレビでもその様子は見ていたのだけど、石垣は連日晴れていて、なんかパラレルワールドにいるかのような感覚でした。


Ishigaki_2015_03_20.jpg

ギリギリまで沖縄を楽しむ。というわけでオリオンビールの限定っぽい缶。


Ishigaki_2015_03_21.jpg

関空についたら、台風は過ぎ去った後でした。さすがだよな俺たち……


ボートラ石垣旅行記 完。
スポンサーサイト

ULTRA JAPAN 2015 最終ラインアップ発表

ULTRA_2015_phase3.jpg

ULTRA JAPAN 2015 の、出演ラインアップ PHASE 3(最終)が発表されました。8/26(水) 22:00よりチケット一般発売。今回の発表で、Dash Berlin、DJ Snake、Pendulum(DJ Set)などが追加。日割りも発表されてます。

去年もそうだったけど、今年もサブステージが熱いですね。初日のWORLD WIDEステージとか、ドラムンベース大会ですね。


個人的に、俺得&気になる出演者メモ。


9/19
Armin van Buuren
Fedde Le Grand
Robin Schulz
EMMA

Sub Focus DJ Set
Chase and Status DJ Set
Pendulum “El Hornet” DJ Set
Sigma


9/20
Skrillex
DJ Snake

John Digweed
Satoshi Tomiie
Hector


9/21
Alesso
Dash Berlin

Sasha
James Zabiela
Henry Saiz


予習しとかなきゃ!

石垣島旅行記(2):黒島〜幻の泡盛

石垣島2日目。

Ishigaki_2015_02_01.jpg

今回滞在したホテル、とても良かった。
朝食が充実。


Ishigaki_2015_02_02.jpg

今日も離島へ行きます。9:30発の船で、黒島へ。

当初は波照間島(はてるまじま)に行こうと思っていたんだけど、波照間島は海が荒れやすい外洋に位置するため、船の欠航が多く(しかも便数が少ない)朝の時点で帰りの便が出航予定になっていても後から欠航になる場合があるとか読んだので、帰れなくなるリスクがあるのと(結局この日は通常運航だったので、行けたんだろうとは思うけど)、日帰りでは少ししか滞在できない(3時間も回れるかな?というくらい)ため、行き先を変更。波照間は次回、泊まりで行きたいところ。


Ishigaki_2015_02_03.jpg

黒島へは約30分で到着。
石垣牛などになる予定の牛が放牧されており、牛の数が人間よりはるかに多いというのどかな島。


Ishigaki_2015_02_04.jpg

牛、猫、パンダと意味不明な共演をするハト

港のそばにあるカフェでレンタサイクルの受付をしているので、自転車を借りて島を回る。


Ishigaki_2015_02_05.jpg

Ishigaki_2015_02_06.jpg

港のわりと近くにある、西の浜。海の色が濃い。


Ishigaki_2015_02_07.jpg

チャリを走らす途中、牛の皆さんと一緒に写るハト



Ishigaki_2015_02_08.jpg

仲本海岸。
海にたたずむハト


Ishigaki_2015_02_09.jpg

鮮やかな青い魚が足元で泳いでいるのが見える。



Ishigaki_2015_02_10.jpg

こんな道を走っていきます。
前々日くらいの天気予報では雨とか言ってたが、めちゃくちゃ晴れている。


Ishigaki_2015_02_11.jpg

Ishigaki_2015_02_12.jpg

ヤギがいた


Ishigaki_2015_02_13.jpg

Ishigaki_2015_02_14.jpg

島の中央あたりにある、なんとなくガウディ的な展望台とそこから見る景色



Ishigaki_2015_02_16.jpg

Ishigaki_2015_02_17.jpg

Ishigaki_2015_02_18.jpg

伊古桟橋(いこさんばし)
めっちゃ引き潮


Ishigaki_2015_02_15.jpg

伊古桟橋前にある牛ベンチ

牛ベンチで涼んでいると、宝塚から来たというお兄さんに話しかけられる。
黒島に3泊してるらしい。石垣泊なの?離島に泊まんないと〜的な話してた。そうだよな…次はそれだな…
夜は星空が綺麗らしいし。綺麗だろうな…

ところで竹富島でもそうだったが、こちらではセミの声がしない。セミがいないのか?こちらのセミはミンミンとかジワジワ鳴く種類ではないセミなのか?とても静か。


Ishigaki_2015_02_19.jpg

16時の船に乗り、石垣島へ帰還。


Ishigaki_2015_02_20.jpg

具志堅用高像とハト
周りにいた人もみんな大体このポーズで写真撮ってた(笑)


Ishigaki_2015_02_21.jpg

旅行中お世話になったホテル近くのコンビニ。
カップタイプの泡盛を売ってる。


Ishigaki_2015_02_22.jpg

Ishigaki_2015_02_24.jpg

石垣牛を食べたいので、鉄板焼専門店「ついてる」さんへ。
ステーキ、餃子(でかい)


Ishigaki_2015_02_23.jpg

波照間の「泡波」が限定入荷していた。
この旅でいくつか泡盛を飲んでみたのだけど、泡波がいちばん好きな味。
この近くの酒屋さんでも泡波のボトルを見かけたが、大きいサイズしかなかったので買わず。幻の酒と言われつつ石垣島でも買えないことはないようだけど、そうはいってもどこでも手に入るわけでもない様子。


満腹になり、ホテルへ帰る。


つづく

石垣島旅行記(1):石垣島へ上陸 &竹富島

bonustraxx社員旅行で、石垣島&離島に行ってきました!


Peachのフライトで石垣島へ。
台風11号が西日本に接近中で、飛行機が出るかどうか不安だったが、台風が予報より遅い速度で動いていたおかげで、この日のピーチ便は通常運航。(ちなみにこの翌日は関西空港発の飛行機が軒並み欠航)

Ishigaki_2015_01_01.jpg

旅立つハト @関空
(この旅行記には、これからハトがちょいちょい登場します)


Ishigaki_2015_01_02.jpg

新石垣空港に到着。
2013年に移転したばかりで綺麗。


Ishigaki_2015_01_03.jpg

フードコートで昼食。やいまそばとオリオンビール。八重山(やいま)そばは、ラーメンのようなしっかりした麺が特徴。


空港では、宿泊先へ荷物を送ってくれるサービスがある。石垣島のどこのホテルへも送ってくれるらしい。1個500円。これは便利。宿へ行かずに空港から離島ターミナル等に直行できて楽。


Ishigaki_2015_01_04.jpg

展望デッキへ行ってみた。


Ishigaki_2015_01_05.jpg

柵にしがみつくハト


Ishigaki_2015_01_06.jpg

Ishigaki_2015_01_07.jpg

空港前から出ている路線バスに乗り、30分ほどで離島ターミナルへ。


Ishigaki_2015_01_08.jpg

ハトマスク、小さい子にめっちゃ見られてました。


Ishigaki_2015_01_09.jpg

港に具志堅用高像。


Ishigaki_2015_01_10.jpg

竹富島行きの券を購入。石垣島のすぐ近くにあって、船で約10分。
船を待つ間「新田観光」さんへ電話、水牛車ツアーを予約。乗る船の時間を告げると、港に着いたら送迎車を用意しているので来て下さいとのこと。

水牛車ツアーをしている会社は2つあって、水牛車が通るルートが違うようです。もう一つの会社のルートは、神聖な場所とされる地点を通ったりするため、地元住民の方からの反対があり揉めているようです。(新田観光さんの方は問題なし)


Ishigaki_2015_01_11.jpg

水牛「琉太」君。6歳。人間でいうと17〜18歳、イケメンで若手の実力ナンバー1だそう。
水牛車は定員20人くらいで、おっちゃんがガイドをしながら島内を回ってくれます。


Ishigaki_2015_01_12.jpg

Ishigaki_2015_01_13.jpg

最後に記念撮影。



新田観光さんでは、帰りの送迎バスも出してくれる。(要予約)
レンタサイクルもやってる。いろいろシステムかしっかりしていて、お店の人も手慣れた感じで説明してくれる。レンタサイクルを利用することにする。


Ishigaki_2015_01_15.jpg

Ishigaki_2015_01_14.jpg

自転車で島を回る。風が気持ち良い。
空の色と緑の色が濃い。


Ishigaki_2015_01_16.jpg

西桟橋。だいぶ引き潮。


Ishigaki_2015_01_17.jpg

Ishigaki_2015_01_18.jpg

桟橋でくつろぐハト


Ishigaki_2015_01_19.jpg

カイジ浜。星の形をした砂が見つかることで知られている。


Ishigaki_2015_01_20.jpg

Ishigaki_2015_01_21.jpg

なごみの塔。(展望台)
階段というより梯のような段でけっこう怖い。なごめないw


Ishigaki_2015_01_22.jpg

それにしても良い天気。暑い。


Ishigaki_2015_01_23.jpg

パーラー「南ぬ島(ぱいぬじま)」でかき氷を食べる。


Ishigaki_2015_01_24.jpg

お店オススメの氷ぜんざい、黒糖蜜がけ。
氷がふわふわでびっくりするくらい美味しい!!


予約した帰りのバスの時間になったので、受付に戻り自転車を返却。滞在約3時間。竹富島はこれでひと通り回れます。


18:00頃 ホテルにチェックイン。空港からの荷物が届いていた。
ほんとに暑くてドロドロなのでシャワーを浴びて着替える。
ホテルから徒歩数分、街のメインストリート的な場所「ユーグレナモール」へ。おみやげ店などが並ぶアーケード街。公設市場もあって、プチ国際通り的な感じ。


なんかすごい異国情緒溢れるお土産屋さんで買い物。定番「石垣の塩ちんすこう」を確保。おまけに紫いもチップスを付けてくれた。幻の酒といわれている、波照間島の泡盛「泡波」があった!ミニボトルもあったので買っておけばよかったかなぁ。


夕食は「ひとし 石敢當店」へ。ここは地元の人も絶賛という人気店で、予約しないと入れないことが多い。


Ishigaki_2015_01_25.jpg

刺身の盛り合わせ


Ishigaki_2015_01_26.jpg

まぐろ上トロの握り、サーモンの握り


Ishigaki_2015_01_27.jpg

石垣牛の握り。半端なく美味しい
もうどれを食べてもおいしい。


ファミリーマートに寄って水を買い、ホテルへ帰る。
石垣島には、ファミマとココストアが多い。

早朝便で来て、動き回ったので激しく眠い。明日に備えて寝る。


つづく

シュッとした魔法瓶を買ったら幸せになった話

やめたほうがいいかなーとは思うんですが、ほぼ毎日、目を覚ますためにコーヒーを飲んでいます。



基本的にはブラックで飲みます。それか、本当は砂糖を入れないカフェオレ(ラテ?)が好きです。スタバやタリーズへ行けば普通にラテを注文すれば良いのですが、スーパー等では「砂糖なしの」カフェオレやカフェラテがなかなか見つかりません。



コカコーラの「LUANA」発売には心躍ったし、よく買ったんだけど、
一度消えて復活したものの、やっぱり再び消えたのか、見かけなくなったよね…?


あと、成城石井で見つけたオリジナルの砂糖不使用カフェオレ。
http://lohaco.jp/product/1619752/
これもおいしいんだけど、いつまで買えるのかは…?



最近はコンビニの店頭で買えるコーヒーが台頭しているので、通勤経路にあるファミマのアイスカフェラテをよく買っています。ローソンのマチカフェのラテもいいですね。また先日、セブンイレブンが九州地方でついにアイスカフェラテを投入したので、関西にも来い!!と日々祈っています。



まぁそんな、つまるところコーヒー+牛乳(砂糖なし)飲料 が好きな私は、店頭で買えるラテを探すのに疲れたことと、毎日買ってるとコストがかかる(コンビニのアイスラテで1杯180円。週5日で900円。ひと月、4週で3600円)ことから、




もう、家でコーヒーと牛乳淹れて持ってきたらええやん。




という結論に至り、水筒(魔法瓶)を購入しました。







他社からも、品質的には間違いないであろう類似の商品は出ているんですが、今回は130gという軽さに惹かれて、シュッとした印象のこちらの商品を購入。


20150704_01.jpg


このチョイスは正解だったかなと思います。ワンタッチでフタが開く飲み口とかは、正直いらないのよね。なんしか軽い、パーツが少なくて洗いやすい、のがよかった。



20150704_02.jpg

この TIGER「夢重力」の水筒は、ひたすら軽く、シンプルです。本体と、フタと、パッキンがあるのみ。余計な凹凸がなく、潔くてとてもよいです。



20150704_03.jpg

キーコーヒーの、コーヒー(無糖)1000mlパックをスーパーで買ってきました。210円くらいです。これに、牛乳を 4:1くらいで注ぎます。



これなら1週間300円台で毎日コーヒー飲めます。幸せになれます。(笑) 温度の持ちもさすがに良い。朝にコーヒー入れて、昼までは確実に冷え冷えです。もちろん保冷も保温もできるので、冬になれば温かい飲み物を持ち歩けます。



20150704_04.jpg

ちなみにこの夢重力サハラマグ、シュッとしてて細いので、手では奥まで洗えません。なので、100円均一で柄付スポンジを買ってきました。これで死角はありません。(笑)



たぶん、去年買ったスープジャーよりも使用頻度が高くなると思います。(笑)


プロフィール

asato

  • Author:asato


  • 創作ユニット「bonustraxx」として活動中の
    イラストレーター&デザイナーです。

    クラブ系の音楽(House、Trance中心)
    旅行
    スペイン・イビサ島
    全力でネタをかますこと
    を愛しています。

    キャラクター
    「シュ様」(メンフクロウ) について
    シュ様です。

    twitter
    asato_btxx

    tumblr支店もあるよ
    shu's DINER★tumblr
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク