スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカ旅行記 3: アーユルヴェーダ2〜3日目

Lanka2014_03_05.jpg

バーベリンに来て2日目。
7:25 起床。約7時間爆睡していた。



Lanka2014_03_01.jpg

起きてすぐ朝食。日本人もドイツ人もスイス人も、みんな化粧とかほぼしてなくてすっぴん。なので自分もすっぴんで行動。(笑)



Lanka2014_03_03.jpg

ブッフェコーナーには野菜やフルーツで作ったアートが飾られている。



Lanka2014_03_04.jpg

謎のパンプキンアート…



8:30 鍼。昨日とは打つ場所が少し違っていて、頭頂部、両肩、左親指、右手首内側と、お腹に3つ。その後トリートメントルームへ移動。セラピストさんが手を引いて連れて行ってくれる。ホテルの人はみんな人懐っこい笑顔で優しい。スリランカの人、みんな小顔だよねぇー。


トリートメントは昨日と同じ内容。ハーバルガーデンで寝る時はスライスした果物を両目に載せられ、顔と全身に蚊除けの布を被せられて、おのずと目を閉じた状態になる。やはり寝かける。その後ハーバルバス。全部終了したら11時。いったん部屋に戻る。トリートメントを受けている間に雨が降っていたらしい。


部屋を出て歩いているとSさんに会った。最終日に部屋代わったんですよ、いい部屋なんですよー見ます?というのでついて行く。すると私の部屋と同じ建物の1階だった。私ここの2階ですよーと言ったら、えーそれはラッキーだね!なかなかないと思うよーとのこと。やっぱりそうかー。



Lanka2014_03_06.jpg

Lanka2014_03_08.jpg

Lanka2014_03_07.jpg

改めて、私が滞在していた部屋。一応海に面してはいるが、真ん前に木があって枝の間からなんとか海が見える(笑)。このバルコニーで座って本読んだり文章書いたり、なかなかChillな感じで過ごせる。



Lanka2014_03_09.jpg

Lanka2014_03_10.jpg

木にはリスがいる。また、ホテルでは犬と猫を放し飼いにしていて、犬が敷地内をのんびり歩いたり寝てたりしてる。



Lanka2014_03_11.jpg

13:00頃 昼食、その後の予定は特になく、今日の午後はゆっくり過ごせる。まだあまりホテル内の構造がわかってないので探索。図書館があるので行ってみた。言語ごとに本がまとめられていて、ドイツ語の本が一番多い。次が英語、その次くらいに日本語。


滞在している人はヨーロッパ人が多く、中でもドイツ人が最も多い。日本人は大体いつも5〜6人程度いるみたい。年齢層は高めで、40代以上の人が多い。リゾートといえど医療施設なので、何らかの治療目的で来る人が多いらしい。女性が多いけど、男性もけっこういて夫婦で来ている人もいる。日本人はほとんど女性で、30代くらいの人が多い。



15時を回ったので、薬を棚から受け取る。部屋のバルコニーでしばしチルアウト。


16:30 部屋を出ると晴れていた。プーちゃんいわく、今年は雨季が長かったらしい。(例年は11月頃から雨季が開ける)ここに着いてからずっと天気が悪くて、晴れ間を見るのは初めてかも。



Lanka2014_03_14.jpg

Lanka2014_03_12.jpg

Lanka2014_03_13.jpg

プールサイドにあるカフェで和む。ここでは毎日15:00〜17:00くらいにアフタヌーンティータイムがある。クッキーやビスケットと、お茶を数種からセルフで選ぶ。みんな本読んだり、ボードゲームしたりしてくつろいでいる。ジンジャークッキーと、パウンドケーキみたいなのが美味しい。あとブラックティーにJAGERRY(ヤシの砂糖)を入れて飲むのが気に入った。



Lanka2014_03_15.jpg

ここへ来て初めて見るいいサンセット。



Lanka2014_03_16.jpg

ホテル敷地内の海岸に面した道を少し歩く。バーベリンの敷地と海岸の境界は壁が低く、近づくと物売りの人とかがめっちゃ話しかけてくる。スリランカの海にはビーチボーイと言われる青年達がいて、トゥクトゥクに乗って観光しないかなど言ってくるのだけど、ぼったくられたりする場合が多いので、あまり関わらない方が良い。ちょっと海岸に近づくとめちゃくちゃ話しかけられるので、早々に退散。


18:30 夕食。これから帰るSさんと連絡先の交換をして別れる。いろいろ教えてもらってありがたかった。
レストランでは音楽の演奏。19:00から2時間くらいやっていた。


今日も健康的に22時台に就寝。


----


翌日。6:10 起床。

6:30 アーユルヴェーダセンターの上階で行われるヨガのクラスに参加してみた。大体毎朝やってる。部屋に備え付けてあるヨガマットを持って行く。20人くらいが参加していた。建物の一番上の半屋外みたいな所で、波の音がよく聞こえる。朝日を浴びながらたっぷり1時間強くらいヨガを行う。



Lanka2014_03_17.jpg

Lanka2014_03_18.jpg

バーベリンでは、ヨガや太極拳、近隣を観光するツアーなどのアクティビティを日替わりで開催している。参加費は無料。レセプション近くにあるボードに、その週の予定が掲示される。観光ツアーなどに参加したい場合は、名簿に名前と人数、部屋番号を書いておき、時間になったらレセプション前などに集合して連れてってもらう。ヨガなどホテル内でのアクティビティは予約不要で、そのまま集合場所に行って参加。


ベントタ河をボートで渡るツアー、ジェフリー・バワの兄であるべヴィス・バワ設計の庭園に行くツアーなど、魅力的なアクティビティがあったんだけど、私は結局施術スケジュールの都合上、外に出る系のツアーにはほとんど参加できませんでした。泣



Lanka2014_03_19.jpg

7:45 ヨガを終えて朝食。食事指導のドクターと少し話す。


8:30 鍼。昨日と同じ箇所に打つ。
9:15 トリートメント。マッサージの時に、このオイルの名前は何ていうの?と聞いてみた。ニーヴィ・クンディ?みたいに言ってたと思うけど結局よくわからないw セラピストの人に何歳?と聞かれる。その人、私は54歳よって言ってた。そうなのか。でもこのセラピストさんは髪の毛が黒々してて白髪がない!


今日はスペシャルトリートメントをするから14:30にまた来てねと言われる。今日は15:00からベントタ河のボートツアーに参加しようと思って名前書いてたんだけどなぁ〜〜。泣く泣くリストに書いた名前を消す。


マッサージ後、スチームルームにて顔にハーブのスチームを当てる。穴が開いたベッドにうつ伏せに寝て、ベッド下で焚かれたハーブの蒸気を吸い込む。これは今日初めて行った。その後、昨日までと同じく湿布とハーバルバス。



Lanka2014_03_21.jpg

Lanka2014_03_20.jpg

13:00 昼食。スパゲティ(ペペロンチーノ)おいしい。「コントロールダイエット」を選択している人とシロダーラ中の人は食べてはいけないとされている品があり、スパゲティはダイエット適用中の人は禁止。禁止の旨は、各料理についての説明(効能など)と一緒に表示されている。私はダイエットは適用されてないしシロダーラもまだやってないので特に禁止事項はない。ドクターが私のお皿を見に来て、OKよー食べられるわよーって言ってた。



Lanka2014_03_22.jpg

この、KARD(水牛の乳のヨーグルト)も美味しい。黒蜜をかけて食べます。


バーベリンでは、魚以外のお肉は出ない。豆類や乳製品はある。卵料理もたまにある。
スリランカなのでカレーが多いのかと思いきや、そうでもなかった。そして品数は多く、野菜と果物がすごく豊富。味付けは薬膳っぽい感じなのが多いかなぁ。ちょっと独特だけど概ね美味しく食べられます。



14:30 ほんまにスペシャルトリートメントあるんかなーと思いつつアーユルヴェーダセンターへ。さっきのセラピストさんがカムインって言ってくれた。スチームルームでセラピストさん同士が「バスティ」とか言ってた気がしたので、浣腸(バスティ)するんかな…?と思ったけど違った。カティバスティという施術だったらしい。患部(私の場合、肩こりがひどいことを伝えていたので、肩〜背中上部)に小麦粉の粘土で土手を作り、そこへオイルを注ぐトリートメント。オイルが冷めてきたら取り除いて何度か入れ替える。最後に背中全体をマッサージ。2時間たってからシャワー浴びてねと言われた。



17:30 アクティビティ「メディテーション」に参加。スシラさんというカールコックス似のお坊さんによる瞑想についての話と、みんなで15分くらい瞑想。


話は英語なのでちょっとしかわからないw
お金やモノは、(それ自体が目的ではなく)すべてハッピーになるために必要なものである、自分の中にあるいろんな考えを1つにまとめて集中する、精神と身体はつながっている、みたいな所だけわかった。



Lanka2014_03_23.jpg

最後に参加者1人ずつにお経?を唱えながらミサンガ?をつけてくれた。でもこれ、トリートメントでオイル吸いまくっちゃうだろうなぁー。


18:50 夕食。食事指導のドクターが調子はどう?と話しかけてくれる。背中が痛いのはまだまだあるけど、お通じはここ何年ぶりかっていう勢いでバリバリある。薬がすごく効いてる様子。


20:00 バーベリンのNEWゲストは必ず見るようにとされているオリエンテーションビデオの上映。バーベリンでの過ごし方みたいな内容。英語。30分くらい。


なんか20時から1時間くらい、海岸で花火が上がっていた。ちょうど1週間後の金曜日にも上がっていたので、毎週やってんのかな。



Lanka2014_03_24.jpg

Lanka2014_03_25.jpg

レセプション横でしばらくネットなど。
放し飼いされている猫が寄ってきた。超人懐っこい。
バーベリン猫、めっちゃ開脚しながら股間を掻いている。


21:40 部屋に戻る。22:30頃就寝。


つづく

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asato

  • Author:asato


  • 創作ユニット「bonustraxx」として活動中の
    イラストレーター&デザイナーです。

    クラブ系の音楽(House、Trance中心)
    旅行
    スペイン・イビサ島
    全力でネタをかますこと
    を愛しています。

    キャラクター
    「シュ様」(メンフクロウ) について
    シュ様です。

    twitter
    asato_btxx

    tumblr支店もあるよ
    shu's DINER★tumblr
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。